RSS | ATOM | SEARCH
救急外来
 夜10時、母が居間で転倒した。
月に2〜3回転ぶので、先月介護認定の審査申込をして、
数日前に面談を終えたばかりで、今回の出来事。
口の中を負傷し出血が激しい。
私の判断では、救急車未満だけれど家庭での処置は難しいかな?という程度。
近隣の病院に電話したら、口腔外科の医師が当直しているとのこと。
すぐに自動車で駆けつけ、レントゲンと、傷口の縫合処置を施してもらった。



母を待っている間、一人暮らしだったら? 深夜に診療機関がなかったら? 
など、いろいろな「もし・・・だったなら」を考えた。

結論は出ないけれど、間違いなく言えるのは、家族が近くにいることが一番良いということ。
最近、「里山資本主義」(都会の消費生活よりも、里山で自然エネルギーや食物の恵み、
家族や近所の人との交流を大切にすることが、将来の日本を救う、という考え)
が流行している。
私自身、化石燃料の消費をできるだけ減らし、コメや野菜を作り、地域に密着した仕事を選び、
と、里山資本主義的な生活を若干だけれどしているが、
今回の母の転倒でもその事は言えて、一人暮らしよりも大家族での暮らしの方が、
煩わしい面もあるけれど、助け合って生きていけるということを実感した。

やれ介護だ福祉だ保育だと大騒ぎしている世の中、私自身も今後の福祉政策については
非常に興味深く、また真剣に取り組んでいるのだけれど、
その前に、今までの考え方をこれから先も同じようにしていっていいものか?
素朴な疑問が湧いてきた夜でした。
author:伸太郎, category:-, 00:18
comments(4), trackbacks(0), - -
Comment
ご無沙汰しております。お母様のお怪我は大丈夫でしょうか?
夜の救急、我が家もお世話になりました。
父が深夜に心筋梗塞で倒れ、救急搬送。
確かに、家族がいなかったら…みんな寝入っていて気づくのが遅れたら…といろいろ考えさせられました。

ところで…「どいちか」さんの訃報は耳にされましたか?
昨日、事務所内に衝撃が走りました。
7日お通夜、8日ご葬儀だそうです。
この場を借りてご連絡まで。
iwan, 2014/04/07 4:37 AM
iwanさん、コメントありがとうございます。
母は、今朝以降は普通に生活しております。
血圧が高めなので、いつも「血液サラサラの薬」を
処方されており、その為には、事故後出血が止まらなかったようです。今日は小学校と高校に同時入学した孫たちのために赤飯を炊いているくらい元気です。ご心配をおかけしました。
土居さんの件、とてもびっくりしました。
本日お通夜でお別れさせていただきました。残念でショックです。連絡ありがとうございました。

ところで、大変失礼ですがiwanさんってどなたでしたでしょうか?
失礼承知でお伺いしております。メールとかFBでご連絡いただいても結構です。どうもすいません。
鈴木伸太郎, 2014/04/08 12:05 AM
POPで〜す。OK?
Iwan, 2014/04/08 1:55 AM
了解しました。ご無沙汰してます、お元気ですか?なんだか昔の連中と会いたくなってきました。
鈴木伸太郎, 2014/04/08 8:18 AM









Trackback
url: http://shintaro-s.jugem.jp/trackback/1282